国内で31日、新たに510人の新型コロナウイルス感染者が確認された。都道府県別では東京と大阪が78人ずつで、沖縄44人、広島23人、北海道21人など。空港検疫は72人だった。死者は報告がなかった。

 厚生労働省によると、重症者は前日から3人増えて49人となった。

 東京の12月の感染者は計923人。2021年の累計は32万2766人で、20年の5倍以上となった。また、11月に発表した20人分を取り下げた。同一患者の重複などによるもの。

 このほか、山形で初めてオミクロン株の感染者を確認。公表済みの患者だった。