みずほ銀行は31日、30日に起きた他行宛ての振り込みが一時的にできなくなったシステムトラブルで、約300件の当日中の入金手続きが間に合わず、31日以降の処理となったと発表した。一部は越年するという。顧客に個別に連絡して対応するとしている。

 30日午後3時半ごろから1時間程度、現金自動預払機(ATM)やインターネットバンキングで他行宛ての振り込みができなくなった。この間に約2700件の振り込みを受け付けたが、一部の処理が当日中に終わらなかった。

 トラブルの原因は、夜間や休日の振り込み処理に関わるシステムの設定で人為的なミスがあったためと説明している。