29日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。終値は前日比162円28銭安の2万8906円88銭。ハイテク銘柄主体の米ナスダック総合指数の下落を受け、関連銘柄を中心に売り注文が優勢だった。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染拡大への警戒感も相場の重荷となった。

 東証株価指数(TOPIX)は6・03ポイント安の1998・99。出来高は約8億5200万株。

 ナスダックが28日に値下がりした流れを引き継ぎ、29日の東京市場でも朝方から半導体関連などのハイテク銘柄の売りが目立った。平均株価の下げ幅が300円を超える場面もあった。