28日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=114円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日比38銭円安ドル高の1ドル=114円84~85銭。ユーロは30銭円安ユーロ高の1ユーロ=129円97銭~130円01銭。

 前日の米株高を背景に投資家がリスク志向を強め、朝方から円売りドル買いが先行。その後も国内輸入企業による実需のドル買いが出たほか、日経平均株価の大幅反発を材料に円を売る動きが見られた。

 市場では「115円に近づくと、利益確定のドル売りも出ている」(外為ブローカー)との声が聞かれた。