厚生労働省が28日発表した11月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月と同じ1・15倍で横ばいだった。厚労省によると、人手不足の製造業のほか、年末年始の繁忙期を迎える宿泊・飲食業などで、新型コロナウイルスの感染状況の沈静化とともに人員確保の動きが強まった。仕事探しを再開する動きもみられ、求人と求職者がそれぞれ同程度増加した。

 総務省が同日公表した11月の完全失業率(同)は、前月比0・1ポイント上昇の2・8%で、5月以来6カ月ぶりに悪化した。完全失業者数は前年同月比13万人減の182万人だった。