国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に推薦する候補に、国の文化審議会が「佐渡島の金山」(新潟)を選ぶことが27日分かった。2023年に登録審査を受ける候補の推薦期限である来年2月1日までに推薦書を提出するかどうか政府が検討する。文化庁が今月28日に公表する。

 佐渡金山は「相川鶴子金銀山」と「西三川砂金山」の二つの鉱山遺跡で構成。17世紀に世界最大級の金の産出量を誇ったとされる。

 文化審は今年登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)を選んだ際、佐渡金山を次の有力候補と評価していた。