アルペンスキーの全日本選手権技術系第1日は27日、北海道阿寒湖畔で男子の大回転が行われ、成田秀将(カワサキフィールドSC)が2回の合計タイム1分45秒38で優勝した。0秒55差の2位に平井翔(日体大)、さらに0秒02差の3位に光井恭平(岐阜日野自動車SC)が続いた。