【ソウル共同】過去の求職活動の際に経歴を詐称した疑いが指摘されていた韓国の保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦大統領候補の妻、金建希氏が26日記者会見し、「よく見せようと経歴を膨らませて誤りを書いたことがあった」と認め、謝罪した。

 金氏は疑惑について既に一部メディアの取材に応じて謝罪したほか、尹氏も謝罪したが「不十分」との批判も強かった。記者会見で国民に直接反省の意を示し、幕引きを図る狙いとみられる。

 金氏は「私は夫に比べてとても不足した(部分が多い)人間だ」と強調。責任は自身にあるとして、尹氏への批判を食い止めたい意向をにじませた。