国公私立大の個別入試で新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」感染者の濃厚接触者の受験を認めないとした文部科学省のガイドラインについて、無症状や別室受験などの条件を満たせば容認する方向で見直しを検討することが26日、同省関係者への取材で分かった。岸田文雄首相が同日、受験機会確保のために別室での受験を含めて検討するよう同省に指示した。

 政府関係者によると、首相は「受験生の間で不安が広がっていることを重く受け止め、別室受験を含め一両日中に方策を示すように検討」を求めた。文科省は27日にも大学入試における新型コロナ対策のガイドラインを見直す方針。