日本将棋連盟は24日、八大タイトル戦の棋王戦(共同通信社主催)について、ゲーム大手のコナミホールディングスと特別協賛、大塚製薬と協賛契約を結んだと発表した。特別協賛社を冠名として使用し、棋戦名は「第48期棋王戦コナミグループ杯」となる。

 タイトル戦の冠スポンサーは「ヒューリック杯棋聖戦」、「お~いお茶杯王位戦」、「ALSOK杯王将戦」に続き四つ目となった。

 現在、棋王を持つのはトップ棋士の渡辺明三冠=名人・王将=(37)で、来年2、3月の第47期棋王戦5番勝負で挑戦者の永瀬拓矢王座(29)と対戦、10連覇が懸かる。