沖縄県の玉城デニー知事は24日、全ての在日米軍施設の米兵らに対し、出国時の新型コロナウイルス検査を免除していた米軍の対応を巡り「大きな穴が開いていた。しっかりPCR検査をするのが大前提だ」と批判した。「われわれ県民と同じ防疫措置を取ってもらわなければ不安が付きまとうことになる」とも述べた。外務省で記者団の質問に答えた。

 岸田文雄首相は官邸で記者団に「林芳正外相から米側に考え方を強く伝え、改善を求めた。米側はしっかり対応してもらいたい。対応を注視する」と強調した。

 玉城氏は、米軍の感染対策に関し「より厳しい対応を取ってほしいということに尽きる」と指摘した。