旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の子会社2社が政府の観光支援事業「Go To トラベル」の給付金を不正受給した問題で、HISの調査委員会は24日の記者会見で、不正受給と認定した給付金の総額は最大約6億8300万円と明らかにした。HIS創業者の沢田秀雄会長兼社長も会見を開き陳謝したが、自身の処分はしない考えを示した。

 2社は、ジャパンホリデートラベル(大阪市)とミキ・ツーリスト(東京)。沢田氏は会見で「ルールに反することがあった」と述べ、ミキ社の社長を解任する方針を説明した。HIS本体も、役員の一部について処分を検討する。