埼玉県警は23日、県内の交差点で2012年以降、ミニバイクなどの交通違反を1275件、誤って摘発していたと発表した。取り締まりが可能な要件を満たす道路として県公安委員会の決定を受けていなかったためで、対象者に反則金を還付し違反点数を取り消す。

 県警によると、誤摘発していたのは県内全域の81の交差点。道交法で定められた2段階右折をしない違反者らを取り締まっていた。

 県警は今年1月、同様の理由でミニバイクを342件誤摘発していたことを発表。他にも誤った摘発をしていなかったかどうか調べ、1月の発表分を含めて公表した。