生態系への影響が深刻な外来種のアメリカザリガニとアカミミガメ(ミドリガメ)について、中央環境審議会小委員会は23日の会合で、新たな個体の輸入や販売、野外への放出を禁じるとした答申案を正式に取りまとめた。一般の人が野外で捕獲した個体を飼ったり、譲渡したりすることは認める。答申は来年の見通しで、環境省は外来生物法改正案の次期通常国会提出に向け検討を進める。

 この日の小委では、外来種が在来種に及ぼす悪影響について教育現場で学ぶ機会を設けることや、一般の人が河川で個体を捕まえた場合にどのように対応すれば良いかといった情報を積極的に発信する方法なども話し合われた。