政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は23日、東京都内で記者会見し、オミクロン株に関して「国内では面的広がりは考えにくいが、複数のスポット(地点)で既に感染が始まっている」との見解を述べた。海外の流行地域では感染者の数が2倍になるまでの日数が2~3日と極めて短いとの報告を紹介した上で、国内でも「いわゆる市中感染が始まると急速に感染拡大する可能性がある」と指摘した。

 また、尾身氏は年末年始は感染が拡大しやすい時期だとして、「帰省や旅行は慎重に検討してほしい」と呼び掛けた。