22日午前11時ごろ、群馬県桐生市の山中で、NHKの中継施設工事のため、ヘリコプターが運搬していた生コンクリートが落下した。けが人はなく、機体に損傷もなかった。運輸安全委員会は事故につながりかねない重大インシデントに当たるとして航空事故調査官3人の現地派遣を決めた。

 国土交通省によると、落下した生コンは約800~900キロ。落ちた場所の詳細は分かっていない。ヘリは乗員2人で午前10時45分ごろに桐生市を離陸していたという。

 NHK広報局は「事故の状況などについて把握を進め、施工会社などに対して安全管理の徹底を求めてまいります」とのコメントを出した。