ソニー生命保険(東京)は22日、シンガポール子会社の社員が2019年8月から今年4月にかけ、小切手を使い、会社の銀行口座から計約4千万円を不正に出金し着服していたと発表した。現地当局が捜査中として、詳しい手口や動機などは明らかにしていない。

 社内調査で8月上旬に発覚した。社員は既に自己都合で退職している。同社は顧客の資産への影響はないとし「多大なる心配をかけ深くおわびする」とコメントした。