気象庁は22日、2021年の天候まとめ(速報値)を発表した。全国の年平均気温は、平年値(20年までの30年平均)より0・65度高くなり、1898年の統計開始以降、最高値を更新した20年に並ぶ見通しとなった。同庁は地球温暖化が主な要因とみている。

 気象庁によると、年平均気温は、北日本で0・9度、東日本で0・7度、西日本で0・6度、沖縄・奄美で0・3度、それぞれ平年を上回った。

 同庁は今年の台風の状況も公表した。発生数は平年より少ない22個で、日本への接近は平年並みの12個、そのうち3個が上陸した。