東日本大震災の復興道路として国が整備を進めた三陸沿岸道路(三陸道)が18日、全線開通した。最後に工事を終えた岩手県北部の普代村―久慈市の25キロ区間が利用可能となり、被災地を南北に貫く大動脈が完成。仙台市―青森県八戸市の全長359キロが直結した。

 震災から10年9カ月。岩手、宮城、福島各県の太平洋沿岸と内陸部をそれぞれつなぐ四つの復興支援道路を含め、計570キロの道路網が整った。

 久慈市内で開かれた式典で、岩手県の達増拓也知事は「県民にとって歴史的な日を迎えることができた。物流面、観光面などで復興を力強く後押ししていくと確信している」とあいさつした。