【ラムソー(オーストリア)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合女子は17日、オーストリアのラムソーで個人第5戦が行われ、17歳の葛西優奈(北海道・東海大札幌高)が第3戦以来の3位に入った。自身2度目の表彰台。前半飛躍(ヒルサイズ=HS98メートル)で3位につけ、後半距離(5キロ)でも粘って順位を守った。

 前半を首位で折り返したイダ・ベスボルハンセン(ノルウェー)が開幕から5連勝。中村安寿(東海大)は6位、沢谷亜海(サッポロノルディックク)は25位だった。