北日本から西日本では18日にかけて強い冬型の気圧配置となり、日本海側を中心に非常に強い風が吹いて大雪になる恐れがあるとして、気象庁は17日、暴風雪による交通障害に警戒を呼び掛けた。海も大しけとなりそうだ。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が紀伊半島付近にあり、急速に発達しながら本州の南岸から日本の東へ進む。日本海中部にある別の低気圧も発達しながら北海道から千島近海へ進む見込み。

 18日にかけての予想最大風速(最大瞬間風速)は、北陸、近畿25メートル(35メートル)、関東甲信、東海、中国23メートル(35メートル)など。