【台北、北京共同】台湾メディアによると、米国の上下両院議員の一行を乗せた専用機が9日夜、台北市の松山空港に到着した。台湾外交部は米代表機関、米在台協会台北事務所が管轄しているとして、訪台の目的など詳細について公表を避けた。中国軍は台湾海峡に向けた「戦闘準備のための警戒パトロール」の実施を発表。対抗措置とみられる。

 台湾メディアなどによると、専用機はマニラから到着した。軍事活動を活発化させている中国の動向について情報交換する可能性がある。台湾国防部は9日、中国軍の戦闘機「殲16」や対潜哨戒機「運8」など計6機が同日に台湾の防空識別圏に進入したと発表した。