防衛省は9日、北朝鮮が10月19日に発射した弾道ミサイルについて分析を進めた結果、1発だったとみられると訂正した。当初は2発と発表していた。警戒監視レーダーが偶然捉えた宇宙物体を、弾道ミサイルの航跡と判断したのが原因だったという。韓国軍や米国防総省は1発との認識を示しており、食い違いが生じていた。

 防衛省は、北朝鮮が潜水艦から新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を日本海に発射したと推定。変則軌道で飛行したとみている。