【ソウル共同】36歳の若さで韓国の保守系最大野党「国民の力」を率いる李俊錫代表が9日、ソウルで共同通信と単独会見した。来年3月の大統領選で党公認候補の尹錫悦前検事総長(60)が勝利すれば、日韓関係改善に向けて政権初期に懸案解決を目指す考えを表明。経済や安保協力にも前向きな姿勢を示した。今月5日の党候補決定後、李氏が海外メディアの取材に応じるのは初めて。

 日韓関係悪化を招いた元徴用工や元慰安婦問題を巡っては、新大統領就任後の支持率が高い時期に「外交的に解決すべきだと国民に広く伝えるべきだ」と強調した。