キリンホールディングス(HD)は9日、キリンビール社長にキリンビバレッジの堀口英樹社長(59)を充てる人事を発表した。社長を務めていた布施孝之氏が9月に病気で死去し、キリンHDの磯崎功典社長(68)が兼任していた。2022年1月1日に就任する。

 キリンビバレッジ社長には、キリンHDの吉村透留常務執行役員(57)が就く。

 堀口氏はキリンビバレッジ社長として、新商品の投入を絞り込んだり、健康志向の飲料をヒットさせたりするなど低迷していた利益率の改善に手腕を発揮した。