岸田文雄首相は9日、東京・西新橋の東京慈恵会医大付属病院を訪れ、定期健康診断を受けた。正午すぎに病院に到着し、約1時間で終えた。10月4日の就任以降初めての受診。首相周辺は「健康状態に変化があった上での健診ではない」と説明している。

 首相はダンベルを使ったトレーニングを日課としている。以前はフィットネスジムにも通っていたが、最近は多忙で利用できていないという。

 就任以降、衆院選もあり連日、遊説や執務、外国訪問などをしてきたが、今月6日には初めての休日を取った。