【北京共同】経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団の電気自動車(EV)部門が9日までに、量産を当局に届け出た。許可が下りれば来年初めにも生産を始める。本業の住宅事業が厳しさを増す中、EV事業に本腰を入れる構えだが、中国EV市場は競争が激しく、経営を立て直せるかどうかは不明。

 中国工業情報省が申請のあった車のリストを公開した。恒大傘下の恒大新能源汽車集団のEVはスポーツタイプ多目的車(SUV)で、天津で生産。1回の充電で走れる距離が700キロを超えるとする中国メディアもある。