春と秋の叙勲のうち大綬章の親授式が9日、皇居・宮殿「松の間」で開かれ、旭日大綬章の畔柳信雄元三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)頭取(79)や高橋宏明元東北電力社長(80)、勝俣宣夫元丸紅社長(78)、横倉義武元日本医師会長(77)ら計8人に、天皇陛下が勲章を手渡された。

 春の受章者への親授式は、新型コロナウイルス感染予防のため延期されており、秋と合わせての開催となった。

 式終了後、受章者を代表して高橋氏が「それぞれの分野で一層の精進を重ねる決意です」と述べ、陛下は「国や社会、人々のために尽くされ、感謝いたします」とねぎらった。