日米中、台湾など21カ国・地域でつくるアジア太平洋経済協力会議(APEC)のオンライン形式の閣僚会議が8日、2日間の日程で始まった。日本からは萩生田光一経済産業相が出席し、中台双方が9月に加盟申請し注目が高まる環太平洋連携協定(TPP)に関し、自由貿易などを巡る高水準のルールを維持する重要性を強調した。

 APECは太平洋を囲む国・地域が参加する経済協力の枠組み。TPPに加盟する全11カ国が、APECのメンバーとなっている。