新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を巡り、堀内詔子ワクチン接種推進担当相兼五輪相は8日、福島県を訪れ、内堀雅雄知事と全国市長会の立谷秀清会長(同県相馬市長)とそれぞれ意見交換した。自治体側からは、ワクチンの安定供給や接種スケジュールの早期共有など要望が相次いだ。

 1、2回目の接種では国から十分なワクチンが供給されなかったり、支給が遅れたりするなどの課題が出ていた。12月に医療従事者から3回目接種が始まる。意見交換の終了後、堀内氏は記者団の取材に応じ「要望を今後の施策に反映したい」と述べた。