サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選で、11日にハノイでベトナム代表と対戦する日本代表は8日、前夜に現地入りした大迫(神戸)前田(横浜M)柴崎(レガネス)ら5人の陣容で初練習した。9日の活動から全選手がそろう予定。

 最終予選は各組2位以内が本大会出場権を得るが、B組の日本は2勝2敗の勝ち点6で現在4位と苦しんでいる。ベトナムは4戦全敗の最下位。日本は16日にはマスカットでオマーン代表と戦う。(共同)