防衛省沖縄防衛局は8日、沖縄県各地への漂着が続いている軽石の影響で、普天間飛行場(宜野湾市)移設先の名護市辺野古で同日、移設工事を中断したと明らかにした。再開の見通しは明らかにしていない。

 防衛局によると、辺野古に面した大浦湾で軽石の流入が確認され、土砂の搬入やサンゴ移植の作業を中断した。安全が確認できれば再開する方針。