政府は8日、新しい資本主義実現会議を開き、岸田文雄首相が提唱する「成長と分配の好循環」の具体化に向けた緊急提言をまとめた。賃金を上げた企業に対する税制支援を強化するなど、所得拡大へ税制や予算措置を柱に政策を総動員する。新型コロナウイルス禍に苦しむ観光業の支援や、経済安全保障の観点から半導体工場の立地支援も盛り込んだ。

 政府は提言を受け、経済財政諮問会議の議論も踏まえて19日にも経済対策を策定。裏付けとなる2021年度補正予算案と22年度当初予算案の編成作業を加速する。ただ菅政権の成長戦略会議が打ち出した既存政策の継続や焼き直しも多い。