【北京共同】ロイター通信は8日、経営危機に陥っている中国不動産大手、中国恒大集団の子会社が米ドル建て社債の利払いを期日の6日までに実施しなかったと報じた。30日の猶予期間に入ったが、恒大を巡るデフォルト(債務不履行)懸念が続いている。

 ロイターによると、子会社の「景程」が計8249万ドル(約94億円)の利払いを行う必要があった。しかし一部の投資家が支払いを受けられなかったと、関係者が証言したという。

 恒大は11日にも1億4813万ドルの米ドル建て社債の利払いが猶予期限を迎える。支払いを実行できなければ、格付け機関からデフォルト認定される恐れが強まる。