不細工だけどかわいい「ブサカワ」で人気となり、昨年死んだ秋田犬「わさお」のブロンズ像が8日、青森県鰺ケ沢町の「海の駅わんど」でお披露目された。参加した住民からは「またわさおに会えた」と喜びの声が上がった。地元有志らが町のPRに貢献した感謝の意を込めて企画、昨年9月から寄付を募り、約530万円が集まった。

 午前10時、除幕式で等身大の記念像が姿を現すと、大きな拍手が起きた。平田衛町長は「町のヒーローだった。新たな魅力の一つとして、感動と笑顔を届けたい」とあいさつ。飼い主だった菊谷忠光さんは「生きているみたいだ。元気になりたい人はなでに来てほしい」と話した。