女性を装いマッチングアプリで知り合った男性を独自の暗号資産(仮想通貨)への投資に誘い、広く流通している仮想通貨「ビットコイン」などをだまし取った疑いが強まったとして、大阪など8府県警が8日午後にも、詐欺の疑いで東京都の投資関連サービス会社社長の男ら6人を再逮捕する方針を固めたことが同日、捜査関係者への取材で分かった。

 社長の男は東京都新宿区の山田大紀容疑者(26)で10月に資金決済法違反容疑で逮捕された。府警は、50人以上のグループで営業活動を行い、全国延べ約1100人から少なくともビットコインなど計15億8千万円相当を集めていたとみて全容解明を進める。