低気圧から延びる寒冷前線が通過する影響で、8日は西日本から東日本にかけて、大気の状態が非常に不安定になる見通しだ。気象庁は、竜巻や落雷、局地的な激しい雨、ひょうに警戒するよう呼び掛けている。

 気象庁によると、寒冷前線が9日にかけて西日本から東日本を通過し、日本の東にある高気圧の縁を回る暖かく湿った空気が、前線に向かって流れ込む。

 このため8日は西日本を中心に、9日にかけては西日本から東日本で、竜巻や落雷など天候に注意が必要になる。