【ワシントン共同】サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は7日放送のCNNテレビのインタビューで、台湾への軍事的圧力を強める中国について「一方的な現状変更に反対する。安全と安定を揺るがす中国の活動に懸念を抱いている」と強調、台湾の自衛能力を支援する考えも示した。

 一方で、米中関係については「新しい冷戦ではない」と指摘。これまでの対中政策について誤りの一つは「米国の政策によって中国のシステムを根本的に変革させる」という考え方だったと述べ、バイデン政権の目標は中国に「根本的な変革」をもたらすことではないと説明した。