8~9月に開かれた東京パラリンピックについて、閉幕後に共同通信が全国の障害者を対象にアンケートを実施した結果、「大会の開催は障害の理解につながったと思う」との回答が70%に上った。2019年に行った同様の調査では62%だった。多くの人が選手の活躍を目にしたことで、期待を上回る効果がもたらされたといえそうだ。

 「最近、差別を受けた」との回答は大会前後で30%強のまま変わらず、共生社会の実現には、障害者の就労や社会参加への支援を強める必要があるとの意見が多かった。

 アンケートは、日本障害フォーラム(東京)を通じて9~10月に実施。763人から有効回答を得た。