テニスの大正製薬リポビタン全日本選手権第8日は6日、兵庫県三木市のブルボンビーンズドームで行われ、女子シングルス決勝で第7シードの川村茉那(フジキン)が第15シードの光崎楓奈(h2エリートテニスアカデミー)に6―1、3―6、6―4で競り勝って初出場優勝し、優勝賞金400万円を獲得した。

 男子シングルス準決勝で第1シードの清水悠太(三菱電機)と第3シードの今井慎太郎(イカイ)が勝ち、7日の決勝に進んだ。清水は山崎純平(日清紡ホールディングス)を6―2、6―3で退け、今井は片山翔(伊予銀行)を6―2、6―7、7―5で下した。