沖縄県を訪問中の松野博一官房長官は6日、玉城デニー知事と県庁で会談した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)を巡り「名護市辺野古への移設が唯一の解決策だ。着実に工事を進めることこそが一日も早い全面返還と危険性除去につながる」と述べ、理解を求めた。玉城氏は「多くの県民から反対の意思が示されている。新基地建設は直ちに中断してほしい」と反対の立場を伝えた。

 玉城氏は、国と県で代替策を協議する場を早期に設けるよう要請した。松野氏は会談後、記者団に「さまざまな機会を捉えて丁寧に説明し、対話による信頼を築いていく」と述べるにとどめた。