ソフトボールの日本リーグ女子決勝トーナメント第1日は6日、今夏の東京五輪で会場になった福島市の福島県営あづま球場で3試合が行われ、第2試合で3連覇を目指すビックカメラ高崎(リーグ戦1位)がトヨタ自動車(同2位)に2―0で快勝し、7日の決勝に進んだ。

 決勝トーナメントはリーグ戦の上位5チームで争われ、敗者復活戦を含むページシステムで実施。第1試合でホンダ(同5位)が豊田自動織機(同4位)を延長八回、タイブレークの末に1―0で勝ち、第3試合でもホンダが日立(同3位)を延長九回のタイブレークで1―0で破った。

 トヨタ自動車とホンダが7日の3位決定戦に臨む。