ロッテは3―4の八回にエチェバリアのソロで追い付き、九回1死二塁から代打佐藤都の適時二塁打でサヨナラ勝ちした。先発の佐々木朗は6回1失点、10三振の力投。救援陣の乱調で逆転されたものの、終盤に粘りを発揮した。

 楽天は1―3の七回2死満塁から島内が逆転の3点二塁打を放ったが、八回に松井、九回に宋家豪が痛打された。