和歌山県橋本市の南海高野線学文路駅で6日、「学問(文)の路に入る」という読み方ができる同駅入場券が受験のお守りとして特別販売され、受験生の家族らが買い求めに訪れた。昨年より1カ月早い9月10日から主要駅やインターネットで発売されているが、学文路駅は無人駅のため販売はこの日と12月4日だけ。5枚セットで800円。

 「(ご)5枚入り」「入場券」「学文路」の頭文字を取って「ご入学」と縁起の良い語呂合わせができることから、1975年から南海電鉄が発売。学問の神様・菅原道真を祭る学文路天満宮の合格祈願も済んでいる。