日本サッカー協会は6日、2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選のベトナム戦(11日・ハノイ)とオマーン戦(16日・マスカット)に臨む日本代表に堂安(PSVアイントホーフェン)を追加招集すると発表した。

 10月の代表戦は左膝負傷のため、サウジアラビア戦前に離脱した。所属クラブでは今月4日の欧州リーグで約1カ月ぶりに戦列に復帰した。