【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州オールバニ郡の裁判所は5日、強制わいせつ容疑で訴追された前州知事アンドルー・クオモ容疑者(63)の出廷期日を今月17日から来年1月に延期することを決めた。検察側が、郡保安官事務所による訴追手続きに問題があったとして延期を要請していた。米メディアが伝えた。

 容疑者側は一連の捜査を政治的だと批判し、容疑を否認している。

 検察側は「保安官が一方的に訴追した」とし、訴追の書類には被害者の証言の一部が含まれているだけで、起訴手続きに必要な宣誓証言がなく「手続き面で棄却される危険性を減らすため」期日の延期を要請すると説明した。