ボクシングの男子世界選手権は5日、ベオグラードで7階級の決勝が行われ、東京五輪代表でウエルター級の岡沢セオン(INSPA)がオマリ・ジョーンズ(米国)を、バンタム級の坪井智也(自衛隊)がマフムド・サビルカン(カザフスタン)をともに破り、日本勢初の同選手権金メダルを獲得した。

 岡沢は相手の圧力に苦しみ、劣勢で迎えた最終3回に右ジャブと左ストレートを粘り強く当て3―2で競り勝った。坪井は見栄えのいい左ジャブ、右フックで主導権を握った。好戦的な連打も効果的で5―0の快勝だった。優勝賞金は10万ドル(約1140万円)。