【グラスゴー共同】国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が開催中の英北部グラスゴーで5日、地球温暖化対策の徹底を各国政府や産業界に求める抗議デモがあり、世界から集まった参加者が「石炭と石油を使うな」「気候変動は戦争だ」とシュプレヒコールを上げた。

 スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)も参加。グレタさんに賛同する地元グループが企画した。

 地元メディアによると、デモは8千人規模を想定。グレタさんは「みんなを招待する」とツイートし、幅広い参画を呼び掛けた。

 参加者は会議場近くの公園から、市役所に隣接する広場まで行進した。