ANAホールディングス(HD)と、航空機を使った人工衛星打ち上げを手掛ける米ヴァージン・オービットは5日、日本での衛星打ち上げ事業の展開で基本合意したと発表した。大分空港を拠点に準備を進めており、2022年以降の10年間で20回の打ち上げを目指す。ANAHDは人工衛星を搭載するスペースの販売や地上支援などで協力する。

 ヴァージンが保有する特別仕様機で人工衛星を搭載したロケットを高度約10キロメートルまで運び、さらに上空で点火して宇宙に向けて切り離す。天候に左右されにくく、地上から垂直に打ち上げるよりも燃料の使用量を抑えられる。