【ソウル共同】韓国の保守系最大野党「国民の力」は5日、来年3月の大統領選の公認候補に尹錫悦前検事総長(60)を選出した。革新系の与党「共に民主党」は既に李在明前京畿道知事(56)を公認候補に選出。事実上の一騎打ちとなる見通しで、約4カ月の選挙戦が本格スタートする。5日発表の「韓国ギャラップ」の世論調査では、尹氏の支持率は24%、李氏は26%で激しく競り合っている。

 コロナ禍で広がった格差の是正など内政や対北朝鮮政策が争点。歴史問題で悪化する日韓関係の行方にも影響を及ぼす。

 尹氏は文政権を批判し「必ず政権交代する。略奪の国から公正な国に変える」と強調した。